PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファームサンクチュアリー

先月、ファームサンクチュアリーの創始者の1人でもあり、団体の柱でもある
ジーンバウアーさんと皆で食事をしました。

Farm Sanctuary: Changing Hearts and Minds About Animals and FoodFarm Sanctuary: Changing Hearts and Minds About Animals and Food
(2008/03/04)
Gene Baur

商品詳細を見る


ファームサンクチュアリーというのは、虐待された畜産動物を助け保護し、
動物の権利を守る団体で
カリフォルニア、ニューヨークにその施設があります。
アメリカの巨大企業畜産農家に対して、
動物の扱いを見直してもらうように訴えています。
(動物愛護団体のペタと、ファームサンクチュアリーとは
公式には関係ないとジーンさんは云ってましたから、混合されませんように...)

そんな人がこの田舎町にわざわざ来て、
どうして食事を一緒にすることになったのかというと、
我が夫ブルースと、彼の同僚が大学で世話をしている部活動
”ベジタリアングループ”
の大イベントの為にジーンさんを大学に呼んで講演してもらえるようになったんです。

たまたまうちの地域からそんなに遠くないランカスターという所で講演の予定があったジーンさんですが、
それならついでにと、快くこの町にも立ち寄ってくれました。


baur@bettys.jpg
メリーランド州から約3時間ほどだと思いますが、自分で、自分の車で運転して約束の場所まで来てくれました。
町にあるベジ対応の店で早速色んな話を聞きたい生徒さんと、ジーンさん。
一番手前に座ってるのは、小クバ♪ 

ジーンさんはハリウッド出身で、ご両親はハリウッドヒルズ(今ではすっかり高級住宅街)に住んでらっしゃるそうな。
私達も以前ハリウッドー私達の場合は庶民側のほうーに住んでいたので、近所に出来たベジ店の話でもりあがったりしました。
ジーンさんの子供の頃はマックのコマーシャルに出たりしたことがあったそうで、とっても後悔していると云ってました。これは本にも書かれているので、相当後悔しているんですね...


vegroup10.jpg
ブルースは用意をしなくてはいけなくて、一緒に食事ができませんでした。。。
そのかわり小クバがちゃっかりとジーンさんの目の前に陣取って写真に写ってるし、笑
左端の方がブルースの同僚、ボブさんです。
彼はベジタリアンで、ノンバイオレント主義者。
彼の”コネ”とブルースの働きがなければ実現できなかったです~。


ジーンさんは色んなことにあつく熱く語ってくれるので、時間を忘れそうでした。
遅れるとブルースが心配するだろうから、
私が適当なところで話をとめてあげなければならなかったです、苦笑
あまりにも熱心な方でとても好感がもてました。


bruryubaurbob.jpg
講演のあとやっとブルースも写真に。
この時もちゃっかりと小クバがいる~☆
私はずっと写真を撮ったりして一緒に写れなかった、おつかい係でした~笑


ベジに興味がある人はもちろん、そうでない人も講演に来ていました。
そうでない人に話を聞くと、自分が食べるものに対して興味があるから、
ジーンさんの話を聞きたかったのだそうです。その彼は講演のあとに本を購入して
サインをもらい、ジーンさんと話をされていました。
ベジになるには勇気がいるけど、
自分の食をしっかりと考えるいいキッカケになったと話していました。

英語ですが、
ジーンさんとその他多数のかたのブログもあります。→Making Hay with Gene Baur

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
関連記事

| ベジ生活 | 21:31 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

Re: ★☆★ショーコ★☆★ せんせ~!

アイアムベリーソーリー!!!

ブログを放ったらかしにしてるから、返事も遅くなりました。

ごめんなさい!!!

これを書いてるときにちょっとショーコさんのブログを思い出しましたわ。
日本ではどういう風に扱ってるか知らないけど、アメリカから輸入される肉のほとんどの動物たちは
かなりひどい状態で飼育されていますね。。。


小クバはまだまだのばすそうですよ、髪の毛。
どこまで続くでしょうか...

| カフェタクバ | 2010/11/01 11:06 | URL |

小クバ君,ロンゲ似合うね!

ペットじゃなくて虐待された畜産動物って存在がびっくり。
ファームサンクチュアリー,すばらしい試みだね~。
ちょっと肉食の自分がチクリときます。

| ★☆★ショーコ★☆★ | 2010/10/25 10:17 | URL | ≫ EDIT

Re: SATOMI さん

こんにちは~!
小クバは去年の今頃から髪を切ってないんですよ~。ずっとのばせるところまでのばしたいそうです。

前日にジーンさんはメイン州に滞在されていて、そこからランカスターに行く予定をされていましたが、
ランカスターからうちはだいたい1時間半位かな?で来れるので、寄ってくれることになりました。

アメリカも食事の廃棄率は高いですね。とくにそのジャンクフード系がそうですね。
安価で大量に育てて、安価で売って、どうせ安いし、いらないから捨てるんですね。
動物はもとより、食べ物に関してのありがたみというのがまず無いですね。

| カフェタクバ | 2010/10/07 09:11 | URL |

久々の小クバくんは髪が伸びて幼さがなくなりましたね。子供って成長が早いですね。
ところで、講師のジーンさんは近くまで来たからとのことでしたが、3時間と聞いてびっくり。日本とは距離感が違うんですね。

アメリカはオーガニックやベジに関心が高いですね。人口比からしても、日本は低い。
それなのに、ピザやバーガーなどジャンクな食事、食事の廃棄率は高い。
どうしてなんでしょうね。

| SATOMI | 2010/10/07 03:58 | URL |

Re: Kay さん

こんにちは~

今年の夏にニューヨークの施設に宿泊したかったんですけど、
予約がすぐに予約がいっぱいになってしまったので、日程が合わなかったんですよ。
来年は是非行ってみたいです☆

小クバはピザやアイスクリームが好きなんですけど、
ジーンさんに会ってからは、極力避けてるんですよ~笑 
別にジーンさんが食べちゃだめだよって云ったわけじゃないのに。

前のあのサラダの材料は全部無農薬で、一部のものは無肥料のものでした。
この辺のメノナイト農家には自然農法をしているところもあるんです。
しかも安い!

| カフェタクバ | 2010/10/06 09:17 | URL |

待ってました~♪
ニューヨークまで行かれたのかと思っていたのですが、ジーンさんが訪問してくださったのですね!
熱心な方なのですね^^

小クバくん、大人ばかりの中でも楽しそう♪
生き生きとした良い表情をしていますね~☆
きっと良い経験になったことでしょうね。

ブルースさん&おつかい係のカフェさん(笑)、お疲れ様でした!!
ベジタリアングループ、私も参加した~い!

カップケーキ、美味しそう♪
その前の写真のサラダもカラフルで素敵でした~♪

| Kay | 2010/10/06 03:38 | URL | ≫ EDIT

返信:Levi さん

こんにちは

そうですね。
大きな食肉農家の中には、”牧草で育てた牛です”と宣伝していかにも自由に育てました~と
印象を与えるところもあるんですが、
その”牧場”へ行くと、やっぱり環境は同じなんですね。
あげるとキリがないですけどね...


ありがとうございます!
カップケーキはベジタリアングループの基金集めのためのベークセールで焼いたものです☆
ビーガンですが、チョコレートなのでしっとりとして美味しかったですよ♪
フェアリーケーキ? 可愛いネーミングですね~。そちらのほうが聞こえもよくていいですね。

| カフェタクバ | 2010/10/05 17:32 | URL |

こんにちは

マイケル・ポーランの本にもアメリカの巨大畜産企業の肥育場は酷い環境だと書いてありました。
牛でさえ密飼いだし、個々の牛になんて目が届かないからBSEが発生していても分からないらしいです。

なるほど、ファームサンクチュアリーですね。
後でゆっくり覗いてみます。

トップの写真に写っているケーキはカフェタクバさんが作られたんですか?
綺麗で可愛いですね。
イギリスでは昔、カップケーキをフェアリーケーキって呼んでいたそうですよ。

| Levi | 2010/10/04 02:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。