PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Day of the Dead

ハロウィン当日はIrishーアイリッシュ(アイルランド系の人)のパーティに招待されたので、およばれ~。


ハロウィンの次の日、11月1日は死者が蘇る日でもあるらしく(私は宗教には詳しくないし、間違った事を書きたくないので詳細はパス。。)、先祖の為の食事を用意し、なおかつ秋の収穫の終りを告げる日でもあるんだそうな。伝統的な儀式には、犠牲になる牛を選んで、それを屠殺し(肉は保存)、その骨を焼くというのがあるみたいですが、パーティのホストはベジタリアンなので、そういうことはしないです合格


食事は、Colcannonーつぶしたポテトとケールを混ぜたものや、 Soda Breadーイーストの代わりにベーキングソーダを使うパンーなどが出て来て、アイリッシュ初めての経験。



ソーダブレッド。美味しいです。
この写真だけしか、撮れなかったわ~。。。


このパーティ、小クバのクラスメートが居たので大喜びで遊んでました、彼。


で、死者が蘇る日というと、私はメキシコの”Dia de los muertos(ディア デ ロス ムエルトス)ー死者の復活祭”というお祭りが忘れられないです。

メキシコの偉大なアーティスト、ディエゴ リベラの”ディア デ ロス ムエルトス”


やっぱりパン(パン デ ムエルトスー死者をかたどった甘いパン(なぜ甘いのだ。。。)を食べたり、伝統食を作ったり。家族や親族が集まって、お墓参りをしたり、亡くなった人の魂を迎え入れたり思い出話をしたり。
日本のお盆の行事にも似てますね。



今月は、私の誕生日もありますが、旦那の両親が亡くなった日もあるのでそういう感傷にふけっておりましたら、小クバは1人菓子の収穫祭で大喜びですよ。



このダースベーダーのバケツに、



あふれました。。。


しかもジャックもふやけてます。
今年は雨が多く、ジャックもそんなにもちませんでしたね。


















関連記事

| 未分類 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://unavegetariana.blog12.fc2.com/tb.php/133-1967381c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。