2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファームサンクチュアリー

IMG_2536.jpg
小クバが行きたいとずっと云っていた「Farm Sanctuary」に今年は連れて行ってあげることができました。
場所はニューヨーク州のフィンガーレーク地域にあるNASCARやインディー等の車のレースで有名なワトキンズ・グレンという所にあります。
まわりにはたくさんのワイナリー、
素晴らしい自然をエンジョイできるいろんなハイキングコースなどがあります。

ベッド&ブレックファーストを予約しました。早めに予約しないとすぐに満室になるので、頑張って予約をいれることができました。
2泊でしたが、ずっと滞在していたい感じです。

IMG_2540.jpg
この中がビジターセンターで、ギフトショプもあります。
冷凍食品(全てビーガンです)の食べ物も売っていて、温めることもできますよ。


IMG_2531.jpg
私と小クバが写っている右手後方にある3つがビジターが泊まれるキャビンです。
シャワーとトイレは共同ですけど、左手にあるビジターセンターの中にあって近いから不便ではありませんでした。

中はこんな感じ。
タオルやビーガンの石鹸も用意されてます。
IMG_2510.jpg

部屋の中はテレビやワイアレスインターネットの接続がありません。
動物達の声を遠くに聞きながら夜を過ごしたり、
朝にわとりの声を遠くに聞きながら起きるのはとても心地よかったです。

泊まる際に必要なことは持ち込む食べ物は全てビーガンであること。
ファクトリーファーミングや虐待にあった動物たちがレスキューされてここでのどかに暮らしています。
動物たち優先の場所で、動物達に敬意を払わなければいけません。


キャビンに泊まるゲストに付いてくる朝食も全てビーガンです。

朝食はビーガンのペイストリーやマフィン、ベーグル。
ビーガンのクリームチーズやマーガリン。
フェアトレードコーヒーに紅茶各種、ジュースや新鮮な果物がついてきます。
IMG_2513.jpg

毎日1時間ごとにファームの見学ツアーもあります。(大人5ドル、子供4歳から12歳は3ドル)
そこで動物たちの住んでいる場所にお邪魔する事ができます。

可愛い動物達の様子はこの次に...



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ


関連記事
スポンサーサイト

| ベジ生活 | 23:14 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

元気ですよ

ブログをずっと休んでいますが、私達は元気にしております。
ブログを更新せずにしていることのひとつに、、、


オーガニック研究所で、自然農法を実践してデモをしているグループの方に誘われて
畑を持つ事になりました。
IMG_0226.jpg
この写真の時は始めたばかりの頃です。
小クバの左手前に植わってるものは、アジア系の白菜です。こちらではチャイニーズキャベツと呼ばれてます。
右前方にあるのがまだ小さいトマト。今トマトはジャングル状態になってます。
自然農法なので殺虫剤や農薬、肥料も何も加えません。畑に行くと雑草の始末に時間をとるので、写真をとるのを忘れてしまいます。

家に帰ってから収穫したものを写真に撮りました♪

まずはじゃがいも
IMG_0361.jpg

レモンキューカンバー(レモン色で丸いきゅうりです。カリフォルニアではよく見かけるものです。
青臭くなくて美味しいです)と
日本のピーマン。これは花が咲き続ける限りずっと収穫できそうです。
蜂がたくさん飛んでいるので、自分で受粉をしなくてもいいんです。
IMG_0360.jpg

ブロッコリ、チャード、ミニトマトにヤードロングビーン(ながいマメ)
IMG_0358.jpg

最近はキャベツや普通サイズのトマトも収穫できました。
IMG_2551.jpg

私達が食べるサラダはキャベツが主役、自然農法のキャベツを育てたかったから
それを自分で収穫して食卓に出せるという幸せなこと!

畑の仕事はとっても大変ですが、小クバにもそういうことを理解させたいので
とても充実しています。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ


関連記事

| その他 | 22:01 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。