2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ババ ガニューシュ

私が好きな中近東の料理のひとつに、Baba ghanoushーババ ガニューシュというのがあります。
これはとっても簡単にできる米茄子のペーストです。


IMG_2268.jpg
レシピの中で必要な”レモン汁”だけがなかったんですけど、
美味しかったですよ。
写真の中の赤いものは、バルコニー菜園で育てた甘い赤いペッパーをローストして
一緒したものです♪

”Corno di toro”
「牛の角」(牛の角のようなカタチから)という名前がついたこのペッパー。とっても甘くてローストすると
さらに甘く美味しいです。
IMG_2253Copying.jpg
これが今年の最後の収穫。黄色いあまいミニトマトや、ハラペーニョも元気にそだってくれました☆


ババ ガニューシュ、
基本は茄子をロースとしてやわらかくなったら、
皮をむき、胡麻のペースト、レモン汁をあわせ
ブレンダーにかけ、オリーブオイルとまぜるだけです。
(この時は、ブレンダーを使わずにそのままつぶして混ぜて食べました~笑)


ピタパンと食べると美味しいので、
焼きました。
IMG_2269.jpg
小クバがパクパクと早いペースで食べてしまったから、
あわてて写真をとりました。かろうじて2枚。

私が参考にしたババ ガニューシュの作り方はこちらにあります。クリックしてどうぞ。
英語ですけど、簡単に読めます☆
「Baba Ghanoush」



にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
関連記事
スポンサーサイト

| ベジ生活 | 21:24 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

料理で実験?!ーパスタ

私達がよく行く健康食品のお店のひとつに、
メノナイトが経営するところがあります。

その店は小麦粉からナッツ類、お米各種、塩、砂糖などたくさんのものが量り売りで購入する事ができます。
化粧品や洗剤も売っていてその全てはエコ商品です。
人気があってお店はいつも賑わってます。

そこでパスタ用の粉が売っていて、
一緒に買い物をした小クバがそれを発見し、
「パスタを自分で作りたい!!!」
と興奮したので、購入しました。

ディラムセモリナー
コシの強いパスタの粉です。

とりあえず、うどんを作るように作れば良いのかしら...
(作った事無いけど...笑)
と思って水を調合して、
フラックスシードミール(念のためにつなぎとして)をいれてみました。

小クバが夏休みの間に色んなことをさせたかったので、
成形を小クバにおまかせ。
でも、粘土のように遊んでます、、、苦笑
IMG_2132.jpg


ああ...憧れの生パスタ~
IMG_2134.jpg
カタチはすごいですが、小クバの手作り(笑)
ラビオリを作りたかったんだけどね...

中に詰め物をしたものは、豆腐をチーズ風にしたものです。

で、これを茹でたらかなりふくらんで、しっかりしたパスタになりました。
ほんとにふやけて大きくなった...苦笑

それでもパスタ好きの小クバは美味しいとたくさんたべてました。
見た目はほんとにすごいですけど、味は生パスタです。
美味しかったから、また作ります☆

暑かった夏休みの出来事でした~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
関連記事

| 息子 | 20:50 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファームサンクチュアリー

先月、ファームサンクチュアリーの創始者の1人でもあり、団体の柱でもある
ジーンバウアーさんと皆で食事をしました。

Farm Sanctuary: Changing Hearts and Minds About Animals and FoodFarm Sanctuary: Changing Hearts and Minds About Animals and Food
(2008/03/04)
Gene Baur

商品詳細を見る


ファームサンクチュアリーというのは、虐待された畜産動物を助け保護し、
動物の権利を守る団体で
カリフォルニア、ニューヨークにその施設があります。
アメリカの巨大企業畜産農家に対して、
動物の扱いを見直してもらうように訴えています。
(動物愛護団体のペタと、ファームサンクチュアリーとは
公式には関係ないとジーンさんは云ってましたから、混合されませんように...)

そんな人がこの田舎町にわざわざ来て、
どうして食事を一緒にすることになったのかというと、
我が夫ブルースと、彼の同僚が大学で世話をしている部活動
”ベジタリアングループ”
の大イベントの為にジーンさんを大学に呼んで講演してもらえるようになったんです。

たまたまうちの地域からそんなに遠くないランカスターという所で講演の予定があったジーンさんですが、
それならついでにと、快くこの町にも立ち寄ってくれました。


baur@bettys.jpg
メリーランド州から約3時間ほどだと思いますが、自分で、自分の車で運転して約束の場所まで来てくれました。
町にあるベジ対応の店で早速色んな話を聞きたい生徒さんと、ジーンさん。
一番手前に座ってるのは、小クバ♪ 

ジーンさんはハリウッド出身で、ご両親はハリウッドヒルズ(今ではすっかり高級住宅街)に住んでらっしゃるそうな。
私達も以前ハリウッドー私達の場合は庶民側のほうーに住んでいたので、近所に出来たベジ店の話でもりあがったりしました。
ジーンさんの子供の頃はマックのコマーシャルに出たりしたことがあったそうで、とっても後悔していると云ってました。これは本にも書かれているので、相当後悔しているんですね...


vegroup10.jpg
ブルースは用意をしなくてはいけなくて、一緒に食事ができませんでした。。。
そのかわり小クバがちゃっかりとジーンさんの目の前に陣取って写真に写ってるし、笑
左端の方がブルースの同僚、ボブさんです。
彼はベジタリアンで、ノンバイオレント主義者。
彼の”コネ”とブルースの働きがなければ実現できなかったです~。


ジーンさんは色んなことにあつく熱く語ってくれるので、時間を忘れそうでした。
遅れるとブルースが心配するだろうから、
私が適当なところで話をとめてあげなければならなかったです、苦笑
あまりにも熱心な方でとても好感がもてました。


bruryubaurbob.jpg
講演のあとやっとブルースも写真に。
この時もちゃっかりと小クバがいる~☆
私はずっと写真を撮ったりして一緒に写れなかった、おつかい係でした~笑


ベジに興味がある人はもちろん、そうでない人も講演に来ていました。
そうでない人に話を聞くと、自分が食べるものに対して興味があるから、
ジーンさんの話を聞きたかったのだそうです。その彼は講演のあとに本を購入して
サインをもらい、ジーンさんと話をされていました。
ベジになるには勇気がいるけど、
自分の食をしっかりと考えるいいキッカケになったと話していました。

英語ですが、
ジーンさんとその他多数のかたのブログもあります。→Making Hay with Gene Baur

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
関連記事

| ベジ生活 | 21:31 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。